平成26年度保健事業推進研修会を開催しました(2014/10/10開催)

レポート

テーマ:‐全身の健康と口腔保健についての最新情報‐

2014年10月10日(金)14:30~17:00に、大手町サンケイプラザにて、日本口腔保健協会主催「保健事業推進研修会」を開催しました。

会場は満席で大盛況。ご参加いただいた皆さまからの熱いひとことを最後に掲載しています。

講演1 歯周病と全身の健康 –今後の超高齢化社会に向けて歯周治療はどうあるべきか-

講師 日本大学特任教授 伊藤公一氏

講演2 健康長寿と口腔保健の関係

講師 首都大学東京都市環境学部 大学院・都市システム科学専攻域 教授 星 丹二氏

話題提供 歯科健診の効果的な進め方

日本口腔保健協会 保健事業部長 小山圭子

研修会場には、話題の目に見えない細菌を1分でカウントする「口腔細菌数カウンタ」体験ブースを設置し、参加者の皆様に体験していただきました。

 

研修会参加者の声

歯と健康は関係があると思っていたが歯周病についての数字を入れた説明でより大切さがわかった。多くの人に知って欲しいと思う。健診結果から内臓の治療だけでなく、口のケアが体調をよくすることをPRしていきたいし、世間に知って欲しい

伊藤先生のご講演は最新情報とエビデンスを交えて、たいへんわかりやすくお話下さりとても勉強になりました。

はじめて参加をさせていただきました。口腔の大切さ理解。ありがとうございました。

具体的なデータやグラフを活用し、説明されていたので、結論や主張したいことが理解しやすかった。

星先生に日頃思っていることをズバリ言っていただきました。

講演会の内容がとても勉強になりました。ありがとうございました。

星先生の講演は「目からウロコ」の内容で大変素晴らしく楽しいものでした。また別の機会でも是非改めてお聞きしたい。

口腔保健が健康であることにつながる、2つの事例を(見方を)聴くことができて、今後の参考になりました。ありがとうございました。

「歯科保健事業のご案内」新しい歯科健診としての口腔細菌測定コースの紹介はとてもわかりやすく、導入を検討したいです。

 

次回も目から鱗が落ちる最新情報を企画いたします! お楽しみに。

▶お問い合わせ 日本口腔保健協会 総務部 根岸 03-3818-4158

 

ページトップへ