日本口腔保健協会は「女性の活躍推進事業」に取り組んでいます

協会関連

日本口腔保健協会 いきいきWomanProject

東京都「女性の活躍推進事業」 平成26年度選定事業

日本口腔保健協会では、歯科衛生士の”仕事と家庭の両立”と”復帰”を支援するために、平成26年10月から「いきいきWomanProject」をスタートしました。

 

 

歯科衛生士のはたらき方 現状と課題

歯科衛生士のはたらき方として、20歳代後半~30歳までに結婚・出産・育児等の理由で一旦離職し、35歳~40歳以降で仕事と家庭を両立させながら働くことを望んでいるという現状があり、即戦力としての復帰が大きな課題となっています。

日本口腔保健協会では、いきいきWomanProjectと題して、歯科衛生士の仕事と家庭の両立をめざし、歯科衛生士の復帰をサポートします。

 

◎経験豊富な歯科衛生士を募集しています!

詳細はお問い合わせください。

担当:根岸
TEL. 03-3818-4158
MAIL. info@jfohp.or.jp

 

いきいき WomanProjectの目標

いきいきWomanProjectでは、仕事と家庭の両立を目指し、2つの目標をたてました

その1 歯科衛生士が働きやすい職場環境を実現!

その2 歯科衛生士のスムーズな復帰を推進!

 

日本口腔保健協会は、女性の活躍推進のモデルとなるよう、いきいきWomanProjectに取り組んでいます!

 

 

 \取組その1 業務のIT化/

口腔観察記録集計システムを構築、タブレット端末を導入し、業務の効率化をはかっています。

 

タブレット端末を利用している歯科衛生士の声

自動計算機能で計算ミスや誤判定がなくなり、確認作業が削減できました。(O.歯科衛生士/在籍2年)

登録済みデータが活用できるので、入力ミスがなく、記録時間が短縮されました。(F.副主任歯科衛生士/在籍5年)

 

 

\取組その2 セルフラーニング・実践セミナー/

復帰支援として、セルフラーニングや実践セミナーを実施し、最新情報を提供しています。非常勤として登録している歯科衛生士のモチベーションアップや質の向上に取り組んでいます。

 

はたらきかたセミナー/グループワーク

 

セルフラーニングに参加した登録歯科衛生士の声

動画はイメージが湧きやすく、雰囲気も感じ取れました。仕事内容はもちろん、会場の様子も確認できるので、不安解消に役立ちました。(A.A.さん/離職期間約1年)

実際のオペレーターの流れを動画で視聴できるので、受診者との距離感や接し方がわかりました。(K.A.さん/離職期間約8か月)

 

 

 ◎登録歯科衛生士を募集しています!

日本口腔保健協会では、非常勤の歯科衛生士を募集しています。

職域歯科保健指導活動をメインに、健口セミナー講師、子育て支援、地域活動への協力など幅広い事業を展開しています。
今まで培った歯科衛生士のスキルや経験を活かしてチャレンジしてみませんか。

事前研修でしっかりサポートいたします。離職期間にかかわらず安心してお申込みください。

 

詳細はお問い合わせください。

担当:根岸
TEL. 03-3818-4158
MAIL. info@jfohp.or.jp

 

 

 

東京都 「女性の活躍推進事業」とは

http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/equal/josei/

女性の活躍推進に取り組む中小企業を支援

東京都では、平成26年度から、「女性の活躍推進事業」を実施しています。

女性の活躍推進事業とは

少子高齢化が進み、労働力人口の減少が見込まれる中で、経済・社会に活力をもたらすため、女性の活躍推進が必要となっています。

このため、東京都は、中小企業団体が実施する女性の活躍推進を目的とした普及啓発活動や、中小企業等が実施する他の企業のモデルとなる女性の活躍推進の取組を支援します。

なお、選定団体・企業の取組については、今後、多くの中小企業のモデルとなるよう、その実施状況や成果をホームページに掲載するほか、広く情報発信します。

 

ページトップへ