5月31日は世界禁煙デー

健康情報

2017年世界禁煙デーのテーマは

「Tabacco – a threat to development タバコ:成長への脅威」

世界保健機関(WHO)は、毎年5月31日を世界禁煙デーと定めて、タバコが健康被害などの悪影響をもたらすことを社会に訴え、タバコ使用を減らすための呼びかけをしています。

啓発ポスターでは、
「Tabacco threatens us all タバコはあらゆる人をおびやかす」
「Say NO to tabacco タバコにノーと言える社会をめざそう」
「Protect health reduce poverty and promote development  健康を守り、貧困を減らし成長を促進しよう」の
スローガンを掲げてキャンペーンを展開しています。

 

「禁煙週間」5月31日(水)~6月6日(火)

厚生労働省は、世界禁煙デーに始まる1週間を「禁煙週間」として定め、「2020年、受動喫煙のない社会を目指して~たばこの煙から子ども達をまもろう~」をテーマに掲げています。

受動喫煙が及ぼす健康への影響

自分でタバコを吸うことを「能動喫煙」、喫煙者のタバコの煙を吸い込むことを「受動喫煙」といいます。
とくに受動喫煙では、タバコから立ちのぼる副流煙の燃焼温度が低く、フィルターを通していないため、有害な物質がたくさん含まれています。
さらには、タバコの煙成分が部屋の壁やカーテンなどにしみ込み、煙が消失したあとも残留する有害物質を吸いこんでしまう「三次喫煙」の影響もあります。

受動喫煙は歯周病のリスクが3倍に!!

短時間の受動喫煙では、目やのどの痛みなどの症状があらわれ、長期的には、脳卒中や喘息などを発症するリスクが高まると言われています。また歯周病のリスクが約3倍にも上がるので、自分が喫煙者でなくても周りに喫煙する人がいれば注意が必要です。

 

 

タバコが口腔内に与える影響

ニコチンによる血管収縮作用と一酸化炭素の血液の酸素運搬機能の阻害により、血流の悪化・唾液分泌の低下などの理由で、細菌が増え歯周病が重症化しやすくなります。 家族が喫煙者の場合、受動喫煙が子供の健康に与える影響は大きく、呼吸障害、知能低下、歯肉のメラニン色素沈着などの報告もあります。

日本歯周病学会「タバコと歯周病のない世界」を目指して より転載

 

禁煙にトライ!

現在の日本の喫煙率は19.3%で、10年間で減少傾向にあります。「健康日本21」(第二次)では喫煙に関する目標値を平成34年度までに12%まで減少と定めています。最近は、「禁煙外来」のコマーシャルを見ることも多くなりました。一定の条件を満たせば、保険適用でも禁煙治療が可能です。
その条件は、以下の4つです。

  1. ニコチン依存症の判定テストが5点以上
  2. 〔1日の平均喫煙本数×これまでの喫煙年数〕が200以上
    ※2016年4月より35歳未満には上記の要件がなくなりました
  3. ただちに禁煙を始めたいと思っている
  4. 禁煙治療を受けることを文書で同意している


タバコは100害あって1利なし!

自分とまわりの大切な人ためにも喫煙中の方は禁煙週間を機に禁煙してみませんか?

ページトップへ