2017活動レポ第1弾「歯と口の健康セミナー」を開催しました!

レポート

岐阜県大津市のN社からご依頼いただき、”歯と口の健康週間”にあわせ、6月6日「歯と口の健康セミナー」を開催しました。

「カラダの健康はお口から」をテーマに、歯周病と全身の健康との関係、歯周病・むし歯の原因とリスクをお話し、お口の機能チェック、健康チェックを実際に体験していただきました。

歯周病と全身の関係

近年、多くの調査研究から、歯周病と糖尿病、心臓病、肥満などの生活習慣病と深く関係し、互いに影響しあうことが明らかになりました。
歯周病を治療することにより、メタボリックシンドロームや全身疾患の改善に役立つことがわかっています。

歯周病・むし歯の原因とリスク

歯の喪失原因である歯周病・むし歯は細菌による感染症ですが、他の原因が重なると更にリスクが高くなります。様々なリスクについてスライドを見て頂きながらお話しました。

体験実習では・・・

手鏡でお口の中を見て、お口の機能チェック、歯周病のセルフチェックをしていただきました。

歯みがきタイムに一日一回セルフチェックをすると、舌の色や歯肉の変化などがわかるようになります。
早期に発見し、適切なセルフケアを実践することで、口臭や歯肉炎などの症状を改善することができます。

「噛むカムチェックガム」は、咬合力が簡単に判定できます。
美味しいガムを噛むだけでとてもわかりやすい結果がでるので、隣席の方とチェックしながら、会場は今日一番の盛り上がりです。

最後のしめくくりは、唾液腺マッサージです。
簡単なマッサージでびっくりするほど唾液が出てくるので、参加者の皆さんはビックリ!
美味しく食べるには、唾液が大きな役割を果たしているので、お食事前のマッサージをお勧めしています。

 

 

歯周病を予防することは生活習慣病をはじめいろいろな病気のリスクを減らすことにつながります。お口の健康からはじめましょう!

歯科健診・保健指導・セミナーなど、ご要望に応じて企画いたします。

歯科保健活動メニューへ

 

お問い合わせはこちらへ

一般財団法人日本口腔保健協会 担当:小山

TEL:03-3818-4158  E-mail:info@jfohp.or.jp

ページトップへ