11月14日は世界糖尿病デー  テーマは「女性と糖尿病」

健康情報

2017年のキャンペーンでは、次のことを呼びかけています

糖尿病リスクのある女性が適正な医療サービスにアクセスできるようにする

糖尿病とともに生きる女性が適切な治療を受けられるよう社会整備をする

日本では11月13日~19日は全国糖尿病週間 テーマは「重症化予防」

糖尿病一歩前の状態である糖尿病予備群は増加しており、約1,000万人いると推計されています(平成24年国民健康・栄養調査)。糖尿病は一度なると治りませんが、糖尿病予備群の段階では予防ができます

糖尿病とは

糖尿病とは血糖値が高くなる病気です。インスリンの作用が低下し、ブドウ糖をからだの細胞に運べなくなると、ブドウ糖が血液中にあふれてしまう状態になります。中高年だけでなく、20歳代、30歳代にも発症しますので年齢には関係ありません。最近では、小学生にも2型糖尿病が増加してきています。きちんと測定すること、食生活、運動習慣を見直すなどして改善を図ることが大切です。

糖尿病は、大きく4つに分類されます

重症化予防のために、HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)を7%未満に!

歯周病は糖尿病の6番目の合併症です

糖尿病と歯周病は相互に影響することがわかってきており、医科歯科連携が進んでいます。疫学調査からも、糖尿病の人はそうでない人に比べ歯肉炎や歯周炎にかかっている人が多いと報告されています。

口腔は全身の健康の入り口です。定期的に歯周病健診を受けて口腔の健康を保ちましょう

ページトップへ