自分でできるインフルエンザ予防

健康情報

寒さがますます身にしみるこの時期に、気をつけたい感染症のひとつ“インフルエンザ”

インフルエンザは例年12月から3月にかけて流行し、1~2月にピークを迎えます

症状は、38℃以上の発熱やせき、のどの痛みのほか、全身の倦怠感や関節の痛みなどの全身症状を伴います



インフルエンザの感染を防ぐためには

インフルエンザの予防には、「うつさない」、「かからない」という気持ちを行動に移すことが大切です

 

≪インフルエンザの感染経路≫

                            首相官邸ホームページより

 

≪うつさないために≫

【咳エチケット】を心がけましょう!

・せきやくしゃみをするときは、他の人から顔をそらせる

・ティッシュやマスクで口と鼻を覆う

・手のひらでせきやくしゃみを受け止めたら手を洗う

・マスクをしていない時のせき・くしゃみは手ではなく、袖や上着の内側で覆う

                            首相官邸ホームページより

≪かからないために≫

人が多く集まる場所から帰ってきたときには、手洗いを心がける

→アルコールを含んだ消毒液で手を消毒するのも効果的

                        東京都福祉保健局ホームページより

栄養と睡眠を十分にとり、抵抗力を高める

室内の換気を2~3時間に1度する

→新鮮な空気と入れ替え、室内のインフルエンザウイルスを少なくする

部屋の湿度は40%以上を保つように心がける

→湿度が低いと、粘膜の繊毛の働きが弱り、ウイルス感染が起こりやすくなるため

予防接種を受ける

→発症するリスクを減らし、発症しても重い症状になるのを防ぐ

口腔細菌とインフルエンザの関係

口腔内には様々な菌がおり、細菌の出す酵素がインフルエンザウイルスを粘膜に侵入しやすくします。口腔を不潔にしているとインフルエンザに感染するリスクを高めてしまいます。「手洗い」「咳エチケット」などに加えて、口腔ケアにも意識を向けてみてください。

薬用洗口液を使用してみましょう

歯ブラシやデンタルフロス・歯間ブラシでの歯間部清掃に加えて、薬用洗口液を使用すると歯面だけでなくお口の75%を占める粘膜に付着する細菌も殺菌することができます。歯ブラシ・歯間部清掃の後に10~20㏄を口に含み、口のすみずみまでいきわたらせるようにブクブク30秒間すすぎましょう。

 

自分でできるインフルエンザ予防法に取り組みましょう!

※症状が出てきた場合は、早めに医療機関を受診してください

 

一般財団法人日本口腔保健協会 東京事業部 担当歯科衛生士:松木

ページトップへ