スポーツは歯が命!

健康情報

第23回冬季オリンピック開幕

2018年2月9日~25日まで韓国の平昌(ピョンチャン)にて開催されます。
17日間・1102種目の熱い戦い!日本人選手の活躍が楽しみですね。

知っていますか?スポーツと歯の関係

①一流アスリートは歯を大切にしている!

例えば、野球のイチロー選手は1日の歯みがき回数が5回。
海外で活躍しているプロサッカー選手には、かかりつけ歯科医に診てもらうために帰国をした選手もいます。

②噛む力とパワーの関係

スポーツ選手は一般の人と比べて噛む力が強く、特に姿勢を安定させて集中力を高めることが大切なライフル射撃やボート競技の選手では、一般の人の3倍近くの総咬合力であることがわかっています。

(公財)8020推進財団 小冊子「歯を大切にしてスポーツを楽しく」を参考

 

③噛み合わせとバランス感覚

フィギュアスケートやスキー、スノーボードなどバランス感覚が重要なスポーツは数多くあります。ここでも大切なのがしっかりとした噛み合わせ。歯と歯がきちんと噛み合うことで頭の位置が固定され、腰の位置も安定するので、良いバランス感覚が保たれます。
総入れ歯の人に入れ歯をした場合と外した場合で直立してもらい、からだの揺れを調べると、入れ歯を外した時の方がからだの揺れ幅が大きくなったという報告もあります。
しっかりとした噛み合わせはからだのバランスを保ち、より高いパフォーマンスを発揮することにつながるのです。

 

丈夫な歯は人生を豊かにする

なんでもよく噛んで食事ができることは、様々な栄養をからだに取り込みやすくし、全身の健康を保つために非常に重要です。また、よく噛んで食事をすることで丈夫な歯と噛み合わせを作り、活力あるからだで、生き生きとした日常生活を送ることができます!

※1 QOL(quality of life)とは、日常生活や社会生活のあり方を自らの意志で決定し、生活の目標やライフスタイルを選択する。身体的・精神的・社会的・文化的に満足し、いつまでも生きがいをもっていきいきと暮らすことを言います。

“噛む”機能を保つために

歯ごたえのあるものをよく噛んで食べましょう

⇒噛むことであごの筋肉が鍛えられます

3ステップケアでお口全体のケアをしましょう

⇒むし歯や歯周病を予防し、歯を失うのを防ぎます
歯ブラシにプラスして歯間部清掃(デンタルフロス・歯間ブラシ)と
粘膜ケア(薬用洗口液)を取り入れましょう

抜けた歯は放置せず早めに歯科医院で診てもらいましょう

⇒歯並びや咬み合わせを整え、噛む機能を回復させます

歯科医院で定期健診を受けましょう

⇒むし歯や歯周病の予防や早期発見に役立ちます
定期歯科健診を受け、お口の健康を保ちましょう

ページトップへ