3月1日~8日は「女性の健康週間」です

健康情報

女性の健康週間では、女性が生涯を通じて健康で明るく充実した日々を自立して過ごすことを支援するため、国や地方公共団体等が普及啓発等の取組みを展開しています。

日本人はがん検診の受診率がとても低い!

厚生労働省では、「めざせ受診率50%超!がん検診」をスローガンに、がん検診の重要性を国民に理解してもらうために毎年10月にキャンペーンをしています。

現在、がんで亡くなる方は年間37万人以上、これは、3人に1人が”がん”によって亡くなっていることになり、日本人にとって「国民病」といっても過言ではない状況です。

日本人の部位別患者数

東京都では、キャンペーン「それゆけ!検診女子」を実施中

子宮頸がん検診の普及啓発をしています。子宮頸がんは20~30歳代で年々増加しています!        詳細は→http://www.kenshin-joshi.com/

子宮頸がんになった人の割合(2013年全国 人口10万人対)

子宮頸がん検診は「2年に1度」受けましょう

「まだ若いから関係ないと思っていた」と考えていませんか。子宮頸がん検診は、検診の実施による死亡率の減少が明らかになっています

女性の一生は女性ホルモンとともに変化します

女性ホルモンの急上昇、急降下する年代で健康トラブルが起こりやすく、お口の健康にも大きな変化があります

歯科健診は女性の健康を保つために重要です

噛むバランスが崩れていると、肩こり、腰痛などで姿勢が悪くなります。また、噛む能力が低下すると、握力も低下することがわかっています。むし歯や抜いたままになって噛めないところは、治療してしっかり噛めるようにしましょう。

女性のための催しがたくさん開催されます

2018年3月7日(水)、8日(木)

丸の内キャリア塾スペシャルセミナー「女性の健康週間に学ぶ~意外に知らないカラダのこと」       詳細は→http://eventregist.com/e/fwh2018?lang=ja_JP

2018年3月3日(土)

東京の女性が一歩踏み出す日「防災ひな祭り」                                                      詳細は→https://www.tfc-id.jp/form/bousai-hinamatsuri/lp.html

ページトップへ