一般財団法人 日本口腔保健協会

HOME >> 歯科保健事業ご担当者様へ >> 子どもの口腔保健

子どもの口腔保健

歯や口の健康を保ち、豊かな食生活を営むことは、子どもの心とからだの成長を促し、健康を保つうえで大変重要で、いきいきとした生活を送るための基本です。
成長にあわせたテーマを設定し、年代別に「お口の健康づくり教室」を開催しています。

児童館「よい子のよい歯を育てよう」

乳幼児の保護者を対象に、「よい子のよい歯を育てよう」をテーマに、乳幼児の歯とお口の成長、乳歯の役割などについての講話や、遊びながら楽しく仕上げみがきをします。
小グループでコミョニケーションをとりながら、お口に関する困りごとを解決していきます。

保育園「なんでも食べる子元気な子」

園児と保護者を対象に、「何でも食べる子元気な子」をテーマに、オリジナルの紙芝居や人形劇を通して、「なんでもすききらいなく食べる」、「おやつは時間をきめて食べる」、「食べたら歯をみがく」の3つの約束をし、園児に歯の大切さを伝えます。

小学校「数えてみよう!おとなの歯」

児童を対象に、「からだを大切にしよう!」をテーマに、「おとなの歯がはえたかな?」、「うまくみがけているかな?」など、実習を通して自分の口の中を手鏡で観察します。永久歯の本数を数えることで成長に気づかせます。
生え変わりのために複雑になっている口の中を、工夫して歯をみがく体験から、ていねいに手入れすることの大切さを認識することができます。
高学年では、歯肉炎についての知識や歯みがきのテクニックを習得します。

中学校「さわやかな息してますか」

中学生を対象に、「口臭予防」、「喫煙の害」をテーマに、スライドを使った講話をし、口腔の病気は細菌感染から引き起こされることや食生活や間食の取り方の影響が大きいことをわかりやすく伝えます。
「睡眠不足→朝寝坊→朝食を抜く→唾液が出ない→口臭を発散する」など、生活習慣を見直すきっかけづくりをします。

ページトップへ

「お口の健康づくり教室」参加者の声

子ども

  • むし歯にならないように、おやつを食べすぎないようにします。
  • 歯をみがくのが楽しかった。
  • 歯だけではなく、歯ぐきのことも考えてみがこうと思った。
  • ずっと白い歯でいたい。
  • 去年より、きれいにみがけていたのでよかった。

保護者

  • 仕上げみがきのポイントがつかめ、親と子のスキンシップの意味でも大切だということが分かりました。
  • 寝る前の歯みがきが習慣になりました。
  • おやつの種類やカロリーを子どもが気にするようになり、食生活の見直しになりました。

ページトップへ

「お口の健康づくり教室」のお問い合わせ

電話

03-3818-4158

受付時間 平日 月曜日~金曜日 午前9時~午後5時

メール

info@jfohp.or.jp

担当者から折り返しご連絡いたします。

ページトップへ