一般財団法人 日本口腔保健協会

HOME >> 歯科保健事業ご担当者様へ >> 高齢者の口腔保健

高齢者の口腔保健

高齢になると、食べ物をかむ機能や飲み込む機能などの口腔機能がおとろえ、特に65歳以上で窒息事故や誤嚥性肺炎で亡くなる方が多くなることがわかっています。
お口の健康の維持・改善のためには、「口がかわく、むせる」などの口腔機能の低下を早期に発見し、歯止めをかけることが重要です。

高齢者のための「健口教室」

お口のリハビリ体操や座ってできるストレッチ体操のほか、リクレーションを通して、楽しみながら口腔機能を高めることができます。

介護スタッフのための「口腔ケア研修会」

高齢者の口腔機能についての講義や口腔機能向上プログラムの実習を通して、基本的な知識の理解を深め、技術を習得していただきます。

ケアマネジャーのための「口腔機能向上サービス研修会」

口腔機能向上プログラムの解説と、口腔機能向上サービスの計画から口腔機能維持管理加算の算定など、実際に取り組むにあたり必要な情報の提供を目的とした講習会です。

申込み受付中の研修会はこちらへ

「お口の健康づくり教室」のお問い合わせ

電話

03-3818-4158

受付時間 平日 月曜日~金曜日 午前9時~午後5時

メール

info@jfohp.or.jp

担当者から折り返しご連絡いたします。

ページトップへ