一般財団法人 日本口腔保健協会

HOME >> 歯科保健事業ご担当者様へ >> 働く人の口腔保健

働く人の口腔保健

歯、口腔を健康に保つことは、食事や会話を楽しむなど豊かな人生を送るための基礎となります。
そして、美しい歯はその人を輝かせイメージアップしてくれます。また、最近では口腔の健康と全身の健康との関連性、特に歯周病が心臓病、糖尿病、肥満など、深く関係していることがわかってきています。
健康の入り口「口腔」を清潔に保つことが、心と体の健康を支えます。
20歳代から、1年に1回の「歯科健診」を習慣にしましょう。

歯周病と全身の健康については「お口の健康ナビ:大人」へ

職場における「歯科健診」のメリット

歯の健康は医療費の削減につながります

図 歯科健診実施後の医療費(D健康保険組合より)

D健康保険組合では、15年にわたり歯科健診を継続した結果、歯科医療費、医療費共に削減されたというデータを発表しています。また、最近の研究では、口腔の健康が全身疾患の予防になることがわかっています。
歯科健診を継続することにより、口腔や全身の健康が維持増進され、将来的に医療費を軽減することが可能なのです。

仕事の効率アップは口元から

継続して歯科健診を受けていると、歯周疾患の進行を遅らせたり、喫煙者が少ないという結果がでています。定期的に保健指導や専門的口腔清掃を受けることにより、口腔に対する意識が高くなり、口腔の健康や生活習慣の改善につながっていると思われます。
お口と全身の健康が維持されると、疾病治療のための遅刻欠勤が減少し、仕事の効率アップにつながります。

図 進行した歯周炎(歯周ポケット4㎜以上)の割合 図 喫煙者の割合(平成22年度集計より)

ページトップへ

「歯科健診」を実施しましょう

大人の口腔トラブルは、生活習慣、疲労やストレスの影響を受けて症状が変化し、気づかない間に重症化していることがあります。
定期健康診断や特定健診のメニューに「歯科健診」を組み込んで、定期的に健康チェックの機会をつくりましょう。

PDCAサイクルを活用して、歯科保健事業を考える!

5ヵ年実施計画例:効果は5年目ころから現れます。

Plan 具体的な目的

目標:歯科医療費、医療費の軽減
歯科保健指導の受診率を5年間で80%にする。
~むし歯や歯周病に気づき、軽い症状のうちに治療に行くことを指導する~

Do 準備~実施
1年目 口腔に関心を持ってもらうため情報提供
①広報紙「歯の健康とからだの健康」の情報掲載
 ・6月4日「歯の衛生週間」、11月8日「いい歯の日」に掲載
②セミナー「歯とお口の健康セミナー:体験型」の開催
 ・新入社員研修
 ・特定保健指導対象者
  ※お口の健康アンケートを実施
③事業所の管理職に「歯の健康宣言」を依頼する。
2~4年目 被保険者の口腔状況を把握する

・定期健診(35歳未満)に歯科健診を併催
・歯科健診の実施(単独)
※お口の健康アンケートを実施

5年目

・口腔状況の改善及び生活習慣との関連性の分析
・次年度の目標とストラテジーを念頭においた歯科保健事業の実施

Check 評価~対策 1.目標「受診率80%」に対する結果は?
2.歯科健診の継続の効果はあったか?
 ①むし歯の状態は?
 ②歯周病は?
3.アンケート結果の分析
 ・口腔ケアの意識変化、職場の環境、家族への波及効果など
4.フォローアップ対策(行動の変容を促す等)を検討する。
Action 次回の企画 ・隙間対策の必要な40歳代以上の者は、歯間ブラシを必ず使用する。
現状:**%を **%にする。
・5年間実施の効果分析 歯科医療費、医療費の動向を調べる。

職場歯科健診 インターネット予約はこちらへ

ページトップへ

歯科保健活動メニュー

「歯科健診」の基本内容

歯科衛生士が個々の口腔状態や生活習慣に応じてセルフケアの支援をします。

ご要望に合わせてプランを作成します

定期健康診断と合わせて実施します。
少人数の場合は、全国の契約歯科医院で受診できます。
健診センター等へ歯科衛生士を派遣します。

お問い合わせ

電話 03-3818-4158
受付時間 平日 月曜日~金曜日 午前9時~午後5時

メール info@jfohp.or.jp
担当者から折り返しご連絡いたします。

お口の健康セミナー

グループを対象に、口腔の健康と全身の健康をテーマにした内容でセミナーを開催します。

対象グループ テーマ
新人社員 仕事の効率アップは口元から
全社員 お口の健康とメタボリックシンドローム
~歯周病と全身の健康~
特定保健指導対象者 糖尿病予防コース
~重い歯周病患者ほどメタボになりやすい~
女性 女性のお口の健康
~知っておきたい女性ホルモンとお口の健康~
保健事業担当者 歯科保健事業実施の効果について
~歯の健康は医療費の削減につながる~
定年退職予定者 シニアライフ支援
~イキイキ生活は口元から~
  • 開催時間、内容についてはご要望にあわせてご提案します。

お問い合わせ

電話 03-3818-4158
受付時間 平日 月曜日~金曜日 午前9時~午後5時

メール info@jfohp.or.jp
担当者から折り返しご連絡いたします。

ページトップへ

実施結果の報告

歯科健診参加者のデータをまとめ、1~2ケ月後に「実施結果表」2種類、「個別フォローアップ通知票」を作成し報告します。また、実施の結果を分析・評価し、次年度に向けての対策をお伝えします。

実施結果表

むし歯の本数、歯周病の割合、歯みがき習慣などについて図表でわかりやすく表示してあります。

個人のフォローアップ通知票

実施結果が6項目のダイヤグラムで表示されていますので、自分の問題点を理解しやすく、事後の受診行動の動機づけになります。

ページトップへ