お口の健康にはセルフケアとプロフェッショナルケアが大切です

お口のトラブルの原因は口腔バイオフィルムです。

口腔バイオフィルムとは細菌の集合体で、ヌルヌル、ネバネバして歯面に強固に付着しています。歯周病菌もバイオフィルムの中で繁殖し歯肉炎や歯周病の原因になるほか、血管から全身に侵入することで、動脈硬化や糖尿病などの全身の健康への影響があることもわかってきています。
口腔バイオフィルムを除去するためには丁寧なブラッシングが一番効果的です。そして、さらに薬用洗口剤で化学的に殺菌することがバイオフィルムの再生を抑制することになります。薬用洗口剤でお口全体のリフレッシュをしましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3ステップケアが効果的です。

3STEPケア

ーーーーーーーーーーーー歯と歯肉の境目に毛先をあて、やさしく小刻みに動かします。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー狭い隙間にはデンタルフロス、広い隙間には歯間ブラシを使います。隙間に適したサイズ選びがポイントです。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー10~20ccを口に含み、舌面、頬の粘膜など全体に行き渡らせ、約30秒間すすぎます。

提供 ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社

薬用洗口剤(医薬部外品)を選びましょう。

洗口剤は、医薬部外品とその他の化粧品分類の2つに分類されます。
医薬部外品の洗口剤には、歯周病予防に有効な成分、炎症を抑える成分、口腔細菌を殺菌する成分が配合されています。その他の洗口剤は、口臭を香料や添加物で一時的にマスキングするものが多く、殺菌効果はほとんどありません。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

プロフェッショナルケアを受けましょう。

一生自分の歯をキープすることは、おいしく食事ができる、よく噛めることで顔の筋肉が衰えない、発音が明確でコミュニケーションに自信が持てるなど、年齢を重ねてもアクティブな生活を送る基本になります。
セルフケアプラス、かかりつけ歯科医院で定期的なプロフェッショナルケア(クリーニングなど)を受けて、生き生きとした毎日を手に入れましょう。

ページトップへ