11月14日は世界糖尿病デー 全国各地が青い光に包まれます

「世界糖尿病デー」について

現在、糖尿病を世界の成人人口の約5~6%が抱えており、2025年には3億8, 000万人(2007年より64.7%増)に達すると予想されています。

特にアジア、中東、アフリカ、南アメリカでは2倍になると試算されており、我が国でも40歳以上の3人に1 人が糖尿病または糖尿病予備群であること、また、現在ではさらに増加していることが推測されます(平成19年国民健康・栄養調査)。

このような状況を踏まえ、国際連合(国連)は、IDF(国際糖尿病連合:現在約150カ国が加盟)が要請してきた「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」を2006年12月20日に国連総会議で採択しました。同時に11月14日を「世界糖尿病デー」に指定し、世界各地で糖尿病の予防、治療、療養を喚起する啓発運動を推進することを呼びかけました。

対策をたてれば心疾患や脳卒中の80%は予防できる

WHO(世界保健機関)は、2012年の世界保健統計を発表、世界で高血圧や糖尿病、肥満などの生活習慣病のリスクが高まっていることが明記されています。

WHOは、不健康な食事や運動不足、喫煙、過度の飲酒などの原因が共通していて、生活習慣の改善により予防可能な疾患をまとめて「非感染性疾患(NCD)」と位置付けています。心血管疾患、がん、糖尿病、慢性呼吸器疾患などが主なNCDです。

NCDは中年・高齢者で急増しており、2008年の世界の死亡数5,700万人のうち、63%にあたる3,600万人がNCDによります。NCDによる死亡数は2030年までに5,500万に増加すると予測されています。

WHOは下記の対策を世界規模で拡大する必要性を強調しています。

健康的な食事 栄養バランスのよい食事は心臓や循環器を健康にします。野菜や果物、全粒粉、体によい肉や魚を十分にとるようにし、塩分や糖分の摂取を減らしましょう。
運動の習慣化 1日30分以上の運動や身体活動を習慣として行えば、心臓や血管の健康を維持するのに役立ちます。適正体重を維持するためには1日60分以上の運動が有用です。
禁煙 たばこは、紙巻きたばこ、葉巻、噛みたばこ、喫煙具など、いろいろなたばこがありますが、どれも体にとっては有害です。受動喫煙の悪影響も深刻です。禁煙した直後から、心疾患や脳卒中の危険性は低下し、1年後には半分ぐらいまで低下します。
自分の血圧値を知る 高血圧症には自覚症状がありませんが、突然の心臓発作や脳卒中の原因となります。自分の血圧値をチェックしましょう。
自分の血糖値を知る 高血糖(糖尿病)は、心疾患や脳卒中の危険性を高めます。特に糖尿病の人では血圧や血糖コントロールし、危険性を抑えることが重要です。
脂質異常に注意 高コレステロールなどの脂質異常も、心疾患や脳卒中の危険性を高めます。食事療法や薬物療法で、コレステロール値などを適切にコントロールする必要があります。

 

糖尿病の生涯医療費は1人あたり「830万円」 - 米調査

米国の2型糖尿病患者1人あたりの生涯医療費の平均は、約830万円($85,000USドル)、医療費を押し上げている原因は「合併症」ということです。合併症を予防することが経済的な負担を下げるには大切と言えそうです。                     日本の糖尿病の医療費を試算した例では、医療経済研究機構の「政府管掌健康保険における医療費等に関する調査研究報告書」によると糖尿病患者一人当たりの平均的な医療費は“年間24.7万円との報告があります。ただし、合併症等の有無により、1人ひとりの医療費は大きく異なるようです。

自分のHbA1c(ヘモグロビン・エイワンシー)を知ることが大切です

日本糖尿病学会で監修した糖尿病治療ガイド2012-2013において掲載される「血糖コントロール目標」の改訂図です。2013年6月1日より、運用開始しています。

熊本宣言2013(日本歯周病学会)の紹介

糖尿病になった方が健康で幸福な寿命を全うするためには、早期から良好な血糖値を維持することが重要です。血糖値の平均値を反映するHbA1cを7%未満に保ちましょう。

 

ページトップへ