11月8日「いい歯の日」 健康は食から口から元気から!

11月8日は「いい歯の日」です!

「いい歯の日「8020運動」」は1989年(平成元年)に日本歯科医師会が制定した記念日です。

 

「8020(ハチマルニイマル)運動」って?

「8020運動」とは、いつまでも美味しく楽しく食事をとるために、80歳になっても自分の歯を20本以上保つことを目標としています。

8020達成者は年々増加しており、平成17年の調査では24.1%でしたが平成23年には38.3%にまで増加しています。

 

食事がおいしいと感じるために

身体の健康を保ち、おいしく食べるには「歯と口の健康」は欠かすことはできません。しっかり噛むことで唾液が分泌され胃や腸での吸収がよくなります。20本以上の歯があればほとんどの食べ物を噛み砕くことができ、味を楽しみながら食べることができます。

〔(財)日本口腔保健協会 発行「口から始まる全身の健康」より〕

しっかり噛めると人生が豊かに!

※1 QOL(quality of life)とは、日常生活や社会生活のあり方を自らの意志で決定し、生活の目標やライフスタイルを選択する。身体的・精神的・社会的・文化的に満足し、いつまでも生きがいをもっていきいきと暮らすことを言います。

噛む機能を保つためには?

1 歯ごたえのあるものをよく噛んで食べましょう

 噛むことであごの筋肉が鍛えられます。

2 毎日のセルフケアをていねいに行いましょう

 丁寧なブラッシングはむし歯や歯周病を予防し、歯が抜けてしまうのを防ぎます。
 さらに歯ブラシだけではなく、歯間部清掃器具(デンタルフロスや歯間ブラシなど)
 やマウスウォッシュなどを使いましょう。

 動画でわかるお口の健康 歯みがきレッスン
 
 

3 抜けた歯は放置せず歯科医院でみてもらいましょう

 歯並びや噛み合わせを整え、噛む機能を回復させます。

4 かかりつけ歯科医院で、定期歯科健診を受けましょう

 むし歯や歯周病の予防や早期発見に役立ちます。
 定期歯科健診を受け、お口の健康を保ちましょう。

 

 

丁寧なセルフケアとかかりつけ歯科医院での定期歯科健診を受けて
いつまでも自分の歯でしっかり噛んで、いきいきとした人生を送りましょう(^^)!

ページトップへ