新入社員の皆さまへ ーからだとお口の健康管理もマナーの基本ですー

4月から社会人 まず基本は「健康管理」です

生活のリズムが大きく変化し、さらに職場からの注目度も高く、まさに緊張感にあふれる日々が続いていることでしょう。4月、5月は環境に順応するためにも、「睡眠」、「バランスのよい食事」、そして「適度な運動」で、ストレスに負けないからだと心の抵抗力をつけましょう。

大切なお口の健康対策!

美しい歯はその人を輝かせイメージアップしてくれます。

あなたの息はさわやかですか?いくつ該当しますか。

□ むし歯、歯周病がある

□ 鼻炎のため、口呼吸することが多い

□ 朝食を食べない(残業やダイエットで欠食したときも!)

□ ストレスが多い

□ 睡眠不足が続いている

以上の習慣の多くは唾液減少の原因で、口臭の原因になります。

ミニ情報:唾液のはたらき

唾液は、健康な方で1日約1.5リットル出ます。この唾液は、食べ物の消化を助けるだけでなく、味覚を感じさせる、歯の再石化をする、舌や粘膜を守るなど、たくさんの役割があります。そして睡眠中はほとんど分泌されないので、寝る前の歯みがきはとても大切です。

 

 

2013年4月7日は「世界保健デー」です

世界保健デーは、世界保健機関(WHO)が設立された1948年4月7日を記念して制定されたものです。毎年、世界的に影響を及ぼしている公衆衛生課題のひとつに焦点をあてたテーマを提示しています。

2013年のテーマは High Blood Pressure (高血圧)です。

高血圧は、心臓疾患・脳卒中・腎機能障害のリスクを増大させます。高血圧症状が放置されると、失明、不整脈、心不全を引き起こす危険があります。

世界的にみると、成人3人に1人以上が高血圧症を患っています。その割合を年齢別にみると、20~30歳代では10人に1人であるのに対し、50歳代では10人中5人にのぼります。高血圧の有病率は、アフリカの一部の低所得国で最も高く、アフリカの多くの国々では、成人の40%以上にもおよぶ高血圧症患者をかかえています。

高血圧の発症リスクを、20歳代から意識しましょう。

男性の20歳代から30歳代にかけて、肥満や脂質異常(中性脂肪血症、高LDLコレステロール血症)が急増するのをご存知ですか。

毎日の生活習慣の中で、次のこと意識しましょう。

□塩分摂取を控える

□バランスのとれた食事を心がける

□過剰な飲酒はしない

□定期的に運動をする

□健康体重を保つ

□喫煙はしない

健康なからだとさわやかな笑顔で、いきいきと仕事をしましょう!

 

ページトップへ